TOP 葬儀場

目次

あなたの希望の葬儀が実現する葬儀場

最近は葬儀の形式も様変わりしており、なるべくお金をかけないようで葬儀を行いたいと考える方も増えています。公営の葬儀場だとある程度費用を抑えられますが、できることに制限があるため希望の葬儀が行えないことも多いです。

通夜振る舞いでの料理のランクを上げたい、生前の姿を収めたDVDを流したいといった自分たちで作る葬儀を希望されるのであれば、公営よりも葬儀会社にお願いする方が要望に近い葬儀が行えるでしょう。費用の面でもさまざまな工夫ができるので、生前見積もりをするなど時間の許す限り相談を重ねることで満足のいく葬儀が行えます。

https://tatsuno-saiten.com/

葬儀場をたつの、姫路、相生で探すなら『かなで』

事前相談ができる葬儀

何も用意もしておらず、いきなり葬儀をしないといけないという事もあります。しかし、それでは本当に満足できる葬儀ができるかどうかわかりません。

これで良かったと思える様な葬儀にしたい場合には、事前相談を行う事ができる場合もあります。余裕がある時に、葬儀の事を考えておくと、いざとなった際にも慌てる事なく対応する事もあります。

また、葬儀を行う会場の下見を行ったりする人もいます。最近では終活を行う人も多い様で、自分自身が亡くなった時に備えたいと考える人もいます。できるだけ自分の事で周囲の人に迷惑をかけたくないと考える人などが、用意をする事もあり、遺影の撮影を行う人もいます。

宗派で違う葬式の線香

気を付けるべき点がありますが、葬式の線香については、宗派で違うという事が挙げられます。

葬式の際、宗派によって使用する線香の数が異なる場合があります。また、浄土真宗の葬式においては、線香を二つに割った状態で香炉に置いて使用します。

過去に葬式に参列した事がある人でも、線香のあげ方をそのまま応用する事はできない事もあるので、注意が必要です。

葬式においては、1本のみの線香を使用する宗派は多い様ですが、3本という宗派もある様です。これらは細かい事となりますが、注意しないとついうっかりしてしまう事もあります。遺族に対して、知らない間に失礼となってしまっている事がない様にしましょう。

葬儀場の関連記事

葬儀場の規模と葬儀にかかる費用
葬儀場のオプションの多様性
後悔しない葬儀場の選び方
葬儀場でのマナーについて
葬儀場のオプションの種類

最後のお別れの場所・葬儀場

葬儀場は、永眠された方と残された遺族がお別れまでのひと時を過ごす非常に大切な場所です。送られる人物の人柄や交友関係が示される最後の場所でもあるため、会場や設備の選び方も重要です。

葬儀社のスタッフは多くの故人を見送り、遺族をサポートしてきた経験がありますから、急な訃報にも親身になって相談に乗ってくれますし、全てをおまかせすることもでき、葬儀に関する知識があまりない方も問題なく葬儀を行えます。しかし、普段の生活では接する機会が無かった親族や仕事仲間、旧友なども参列し、今まで知らなかった故人の一面が垣間見える場所でもありますから、気持ちよく送り出すためにもきちんとした会場を考えて選ぶべきでしょう。

突然必要になる葬儀

危篤の状態が少し続いている場合などには、そろそろ葬儀の用意をしないといけないと思う事もある様ですが、場合によっては突然葬儀が必要となる事もあります。

突然葬儀の用意をしないといけない時には、戸惑う事も多い様です。しかし、葬儀社の人は、全く何もわからなくても、無事に式を終える事ができる様に、丁寧にサポートしてくれます。

そのため、葬儀について細かい部分が分からないという場合でも、質問する事で教えてもらう事ができます。また、服についても喪服を持っていないという人も多いので、必要に応じてレンタルできる事もあります。そのため、最後に故人に感謝を伝える事に集中する事ができます。

葬儀の日取りのしきたりの変化

葬儀を行う際に、多くの人が避けるのが「友引」です。「友引」は中国陰陽道の六曜の考えの一つで、先勝・先負・大安・友引・仏滅・赤口の六つがあります。

「友引」が避けられるのは、友を死に引くという字面から来ていますが、元々は「留引」であり、得に深い意味はありません。昔までは「友引」の日は縁起が悪いということで葬式をさけるしきたりがあり、その結果休業日にする葬儀会社も多くありましたが、近年では六曜の日取りに関係なく行われることが増えてきています。

そもそも、仏教では「縁起が悪い」という表現はなく、そのような考え方もないため、六曜を意識する必要は特にないとされています。

葬儀に参加するときのマナー

葬儀において喪主を務めることになることが、今後の人生においてあるかもしれません。

そのようなときにどのように葬儀での挨拶をすればよいのでしょう。そこでの挨拶文の内容によって、喪主の印象が決まってしまいます。また、喪主の方の立場によっても挨拶の内容は変わってきます。

ではどのような挨拶がすればよいのでしょう。

重要なのは、忙しい中で集まっていただいた方や生前中心配をかけてくださった方などへの感謝の気持ちを伝えることです。そして、亡くなった経緯などをしっかりと説明することです。葬式の間は大変ですがしっかりとした挨拶ができることを準備しておきましょう。

葬儀でのマナーと思いやり

葬儀の際、突然のご不幸で気持ちに余裕がないときもあります。身内の場合は、少しでもお役に立ちたいと思うものですが、時にはただ居るだけです。

知り合いだけという関係でも長々と居座ることが多い人もいます。また、場所を考えずに話しかけてくるなどマナーが悪い人もいます。相手の気持ちを考えていないときもあります。

少しは相手の気持ちを考えて思いやり、自分から動ける方が増えて欲しいです。現代は、本当に人と人との関わりが少なくなり、思いやりの心も薄れています。

故人を偲んでいただけるように思いやりを増やし、気持ちよく送り出せる葬儀が良いです。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.