TOP 葬儀場 葬儀場のオプションの多様性

葬儀場のオプションの多様性

葬儀場では、多種多様なオプションが展開されています。現在では多くの方が利用されている、生前の写真を中心に、故人の方の趣味の品物などを展示したり、生前の姿を映像で流したりなどがあります。

会葬者の方々と一緒に、故人の人柄などを思い出したり、会食中に流すことで会話も弾みます。また、葬儀当日の映像をDVDとして残すことも可能です。ほかには、副葬品という生前故人が愛用していた品物を柩に納めることができます。

火葬場によって品物の制限はあるのですが、洋服やぬいぐるみ、本や手紙など、気軽に相談することが可能です。

葬儀の際の持ち物

注意しないといけないのが、葬儀の際の持ち物です。葬儀に出かける際には、急いで準備を行う人も多いので、大事な物を忘れてしまうという事もあります。

万が一、忘れ物などがあった際に、葬儀の会場で手に入ったり、近くのコンビニやスーパーマーケットなどで入手できる場合もありますが、近くにお店がない場合には、忘れ物に注意しましょう。近しい人が危篤の状態だと聞けば、その時点から病院にお見舞いに訪れると同時に、葬儀の準備も知られない様にこっそり行っているという人もいる様です。

また、葬儀に参加するのであれば、持ち物の用意はもちろんですが、基本的なマナーについて頭に入れておく必要があります。

線香が欠かせない葬式

やはり葬式において線香は欠かす事はできません。仏壇が自宅にあるという人は線香をお供えする事もありますが、葬式で使用される物は、長い物が多く、燃焼時間も長い物が多いでしょう。

また、高級な素材を用いて作られている線香が葬式において用いられている事もあります。

線香と言えば、何より香りが特徴となりますが、葬式において線香の香りが漂っていると、葬式だという事を実感し、故人との別れを惜しむ人が多いでしょう。他ではない香りがします。

また、焼香が用いられる事もあります。これらが使われる背景には、香りだけではなく、いろんな意味があります。調べてみると、興味深く感じられる事でしょう。

葬儀場の関連記事

葬儀場たつの
葬儀場の規模と葬儀にかかる費用
後悔しない葬儀場の選び方
葬儀場でのマナーについて
葬儀場のオプションの種類

葬儀場もう決めていますか

もう明日にでも親兄弟が亡くなったとしたらどうしますか。実は悲しみに暮れる暇なんてないのです。早くて当日、通夜が行われます。その時の事を考えて日頃から葬儀場を考えておく事は大切でしょう。

もちろんどこにしようか決まっていなくても病院側が勧めてくれるところもあります。しかし、事前に下調べを行なっておく事で大まかな費用等を把握してスムーズに式まで行えるのです。特に互助会等に入っておく事で費用負担を大きく下げる事ができます。

互助会は生前に会費を払っておく事で割引サービスが行われる事を言います。自分が亡くなって家族に負担をかけたくない方や、いつか来る家族のその時に貯蓄のようなものが欲しい方にお勧めです。

葬儀の際に寺院の紹介

普段から寺院と付き合いをする事がないという場合には、葬儀の際にどうすればいいか分からず困る事もあります。

最近では、昔とは事情が異なり、寺院と付き合いがない人も少なくありません。若い世代の人は、特にその傾向があると思われます。そんな時には葬儀社の人が、葬儀の際に来ていただく寺院を紹介してくれる事もあります。

また、葬儀の際にお願いした寺院については、葬儀だけではなくて、その後の法事の際にお願いする事もできます。寺院については宗派などを考慮する必要があります。この様な場面において、寺院の紹介を行ってくれると本当に助かります。困った時には気軽に相談してみるといいでしょう。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.