終活のための葬儀場選び

誰もがいつか必ず人生の終わりを迎えます。その準備を生前にするのが終活です。自分の最後がどのように行われるのかを決められます。

なんとも考え難いことですが、残された遺族に迷惑をかけないためでもあります。そのためにまずは自分の葬儀を行う場所である葬儀場探しからです。

数多くの葬儀会社から1つを選び、場所を決め、どのようにしたいのか希望をいいます。

数回の打ち合わせをしますが、多くの人が自分の最後をどのようにしたいかというのは、なかなか考えられないでしょう。葬儀場の具体的なプランを参考にイメージしてみましょう。

やらなければならないことですが、まだ元気なうちは考えたくはない方も多くいらっしゃいます。しかし、元気なうちはだからこそ出来ることでもあります。終活をどうとらえるかは、賛否両論あるでしょう。

葬儀をたつの、姫路、相生でするなら『かなで』

いつでも連絡できる葬儀社

家族や親せきの人などが亡くなった際には、できるだけ時間を置かないで、できるだけすぐに葬儀を行いたいという人もいます。

その場合には、葬儀に関する相談を24時間体制で受け付けている葬儀社もあります。たとえ、夜中であっても連絡して対応してもらう事ができるというのはとても便利です。どの様なタイミングで人が亡くなるかわかりませんので、いつでも対応してくれるというのはとても助かります。

また、葬儀を行う事が決定したら、すぐに準備に取り掛からないといけません。

プランを決定すると、大事な事や基本的な事は葬儀社の人が用意をしてくれるので、最近では少ない負担で式を行う事もできるみたいです。

葬儀場の規模と葬儀にかかる費用後悔しない葬儀場の選び方
葬儀場たつの葬儀場のオプションの多様性

葬式で贈られる線香

昔から葬式が行われる際に線香が贈られる事も多いでしょう。葬式の際には、家庭用の線香ではなくて、贈答用の物が多く活用されています。

葬式で贈られる贈答用の線香は、高級な物が多く、香りが良い物が多いでしょう。

葬式では線香を贈る事によって、気持ちを伝える事ができます。実は葬式だけではなくて、結婚式の際にも線香が贈られる事もあります。贈答用の物と言っても、種類が充実していますので、香りなどを試した上で、その場に相応しいと思われる物を贈る様にしましょう。

お店に行って購入する事が難しい場合には、専門店のネット通販を利用して購入する方法もありますが、香りを実際に試す事はできません。

葬儀という早めの準備葬儀場の増加について
葬儀たつの現在の葬儀スタイルの変化

葬儀場の概念とその説明

葬儀場には、場所や会社によって名称が異なる場合があります。

斎場や葬祭場のほか、メモリアルホールなど葬儀をイメージしにくい名前を付けているところもあります。民間の会社が経営するところも多数あり、そのほか地方の自治体が運営している所や、互助会や寺院が保有しているケースもあります。

火葬場と混同される場合もありますが、火葬場は遺体を火葬するための施設であり、葬儀場は通夜や告別式を執り行う施設と、別の施設です。一日葬や家族葬などシンプルな葬儀を行う場合には、併設されているところを選ぶのが望ましいでしょう。

これからの葬儀場の在り方

現在、日本は少子高齢社会であり、世界から見ても著しく高齢が進んでいます。そのため、老人ホームや病院、葬儀場などの施設が足らず、満足なサービスまで至っていないのが現状です。

そこで、より満足いただくサービスを提供したいと取り組み始めたのが、事前に会員になると、毎月積み立てで葬儀費用をおぎなえるというサービスです。

また、核家族や静かに見送りたい方に対応したサービスで費用が抑えられるので、最近では、家族葬オプションを選ぶ方も増えています。さらに葬儀場が利用者にとってより寄り添えるように、リーズナブルにすることも必要です。

葬儀場におけるオプションについて

葬儀場は通夜、葬儀、告別式を行う会場になりますが、葬儀場によっては、多種多様なオプションがあります。例えば、霊柩車などのグレードなども変更できますし、プロによる司会進行も可能になります。

演奏家たちによる故人の好きだった曲の演奏も可能です。また、火葬場などへの移動をスムーズにさせるマイクロバスの手配するオプションもあります。

現代において葬儀も多岐に渡るやり方があります。選択が可能なこれらの様々な付加価値を上手に利用して、故人を弔うことに専念できる様にするのは、遺族にとっても故人にとっても大切なことです。

葬儀場選びで慌てない事前準備

なかなか準備のしづらいことに、葬儀場選びということがあります。突然おきうることもあるでしょうが、できれば、気持ちに余裕があるときに調べておくことが重要です。

選び方としては、今の時代インターネットで調べることも多いでしょう。落ち着いて、HPをくまなくチェックして、追加料金や不自然な点がないか、過度な広告表現がないか確認してください。

また一度葬儀場に電話してみるのも一つの手です。スタッフの方の対応、丁寧さを事前にチェックすることができます。いざというときに慌てないためにも、何もない時に候補を挙げておきましょう。

納得の行く葬儀場の選び方

大切な人が亡くなって大変な時にやらなければいけないことが葬儀場を選ぶことです。故人が既に指定している場合も稀にありますが、基本的には病院等のアドバイスを受けながら喪主になる人や親族が決めていきます。

最初から葬儀の費用が固定で葬儀のプランが決まっている葬儀場もありますが、後からオプション代として細かく請求してくる所が多いので注意が必要です。

また遠方からの参列者が予想される時には斎場へのアクセスのしやすさも考えておくといいでしょう。親族に高齢者が多ければ火葬場にも近い方がスムーズに事が運ぶでしょう。

中々気を回せる時ではないが、以上の事に留意すればスマートに故人を見送る事ができるでしょう。

葬儀をするにあたって

最近では葬儀をする人としない人で、大きく分かれてきているのが現実です。しきたりを気にする人もおられるからかもしれません。

昔からやっているからその通りにやらないといけないとなると、若者は面倒に感じてしまうものです。仕方のないことかもしれません。しかし、今ではセレモニーホールなど葬儀を全てお任せすることができる施設が多くなっています。

その為、分からないままでもちゃんと葬儀場のスタッフと打ち合わせをするので、難しく考える必要はなくなっています。あとの問題はどれくらいの人を呼ぶのかということと、いくらかけるかによって異なってくるのです。

葬儀は急にやってくるもの

葬儀の日は突然やってきます。事前に打ち合わせはできますが、完璧にはできません。そのため、自分でできない部分は、プロに任せれば安心できます。また、近くにいる親戚や友達に、わからないことがあれば相談してみましょう。

自分の身内に不幸があって、動揺しない人はいないです。頼れる人に頼ってください。何から始めればいいかなんて、知らないのは当たり前です。確かに葬儀はお金の問題などもあります。しかし、そこはしっかりと払うものは払わないと亡くなった故人も浮かばれません。

そして、最後の告別式で挨拶文はしっかりと考えて望み、故人への思いを語るべきでしょう。

変化してきた葬儀場と今後

昭和時代の葬儀場は亡くなった人を近所の人や故人が関係してきた人など多くの人が故人を偲ぶ場所でした。

そこには多くの供え物が添えられ、人々は夜遅くまで、または、夜を徹して故人の事を話したものでした。

しかし現代、大都市では近所付き合いも少なくなり、家族葬を主体にする葬儀場が増えてきています。その一因として考えられるのは、近所付き合いだけではなく、高額な費用も関係していると考えられます。

人々のお金の使い方、故人の考え方が変化して、葬儀にお金をかけない、かけたくない、と言う人々が増えてきたことにもよるものです。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.