TOP 葬儀 葬儀場の増加について

葬儀場の増加について

現在葬儀場は多種多用になり、さらに増加しています。選択肢は増えていき、終活や今後のことを伝えずに亡くなっていってしまった方の残された家族にとっては、大変な作業や手続きになっていくことでしょう。

しかし、生前から最期について考えたりプランを立てたりしている人にとってみれば、メリットでしかないと感じるかもしれません。結婚式のように自分だけのオリジナリティーを演出できるからです。中にはひっそりと家族だけで葬儀をおこなってほしいという人もいることでしょう。

これからさらに増加していく葬儀場にはいろいろな選択肢や提供サービスの多さが求められることが予想されます。

葬儀場を故人の好きな花で飾る

葬儀場の供花は菊や百合だけだと考えていらっしゃる方も多いでしょう。現在は故人に縁のある花や好きだった花、色合いなど様々に趣向をこらして飾ることができます。

供花に使われる花は一般的に白い菊と思われがちですが、最近では洋ランや色見のあるものも取り入れられています。祭壇を多くの花で飾り、故人を見送る気持ちの代わりにするというのは、今も昔も変わらないもので、だれでも贈ることができるのが特徴です。

また、終活として葬儀場や形式の選択に、好きな花で装飾して葬儀を行う花祭壇を選んでおくのも花好きな方にはいいかもしれません。

葬儀場の費用の抑え方

葬儀の費用は地域差もありますが、約200万円が相場となります。内訳は、葬儀一式、接待飲食代、寺院へのお布施と、大きく3つに分けることができます。その中でも、葬儀場への支払いとなる葬儀一式が半分以上を占めています。

そこで、身内だけで小規模で葬儀をおこなう家族葬を選択する方も増えています。家族葬の場合、約50万円から100万円が相場となります。

基本的に葬儀をするうえで最低限必要になるものは含まれていますが、ドライアイスは別途オプション扱いになるなど、例外もあるので注意が必要です。そして、小人数がゆえに香典も少なくなりますので、収支で考えると高くつく可能性も考慮しておきましょう。

葬儀や線香についての関連記事

葬儀たつの
葬儀という早めの準備
現在の葬儀スタイルの変化
シンプルな葬儀や生前相談を受け付ける葬儀場
葬儀場を選ぶ必要性

病院で亡くなってから葬儀まですべて安心

身内が病院で亡くなってから葬儀を行うまでを円滑に進めるには、事前に専門店を見つけておく事をお薦めします。家の近場が良いでしょう。最近の斎場は行き届いており、金額や規模に応じた祭壇(花・供え物含む)はもちろん、喪服や数珠などの小物までレンタルできます。

遺影は手持ちの写真用意することになるので事前にいくつか候補を絞っておくと良いでしょう。

病院から火葬場、そして斎場への流れ、手続きも斎場から派遣された担当者が丁寧に説明し、相談にものってくれます。葬式の知識のない方でも十分に体裁の整った葬儀を行えます。

葬式以外の法事で利用される線香

人が亡くなった際に行われる葬式では線香が使われますが、実は葬式の他にもあらゆる法事がありますので、その際にも線香が使用されます。

線香は法事において欠かす事ができない重要性が高い物であると言えます。葬式やそれ以外の法事で使用される線香については、宗派によってそれぞれあげ方などが異なる場合があります。

葬式やそれ以外の法事で使用される線香のあげ方は、他の人に聞いても宗派が異なる場合には、参考にできない事もあります。家族や親せきの人などに確認すると、教えてもらえる事もありますし、僧侶や葬儀屋さんなどに確認するという人もいるみたいです。

葬式でマナーを守る事は、とても重要です。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.