TOP 葬儀 シンプルな葬儀や生前相談を受け付ける葬儀場

シンプルな葬儀や生前相談を受け付ける葬儀場

たつの市や姫路市でも、一日葬や家族葬といったシンプルな葬儀が求められています。

昔は自宅で通夜や葬儀をしたものですが、賃貸住まいの方も多くなった近年では葬儀場を借りて行うのが一般的です。

初めて葬儀を行う方も、葬儀社にお願いすれば準備や式当日も問題なく進められます。

高齢化社会が進んで自分の死後について考える方が増えたこともあって、生前のうちから自分の葬儀について段取りを組む方もいるようです。

自分の死について考えることに抵抗がある方もいますが、突然の訃報で家族に負担を強いるよりも、落ち着いて比較検討できるのは終活のメリットといえるでしょう。

葬儀場をたつの市で探すなら「葬儀場 たつの」で検索。

葬儀場のオプションメニュー

用意されている葬儀プランに彩りを加えるオプションを付けることで、こだわりのある葬儀が行えます。

季節の花や故人が好きだったものを取り入れて祭壇を作り上げたり、料理や棺桶のランクを上げて高級感のある葬儀にしたりと、規定のプランにカスタマイズできます。特に食事は故人との思い出を語らい、心を慰める場ですから、料理の質にこだわる方も多いです。

また、香典返しについても定番のもの以外も選べるカタログギフトを選択する方もいるようです。しかし、さまざまなオプションを付けた結果割高になる場合もあります。葬儀を行う際はあまり時間がないこともあって冷静さを欠いてしまいがちですので葬儀場選びには注意しましょう。

故人の食べ物となる線香が葬式で使用

なぜこれほどまでに葬式では線香が使われるのか疑問に思った事はありませんか。実は葬式ではみんなが線香を使っているから使うというだけではなく、深い分けがあります。

葬式においては、故人が死後の世界へと旅立つと考えられている事も多く、線香は故人の食べ物となるとも考えられています。そのため、葬式の際や、終了後も四十九日までの間は線香を焚き続ける必要があります。

線香があの世で故人の食べ物となると考えると、葬式で必要になる事も納得できます。意味が分からないと、何もためにそうしないといけないのは分かりませんが、意味が分かると、気持ちをこめて一つ一つの行為を死者に捧げる事ができます。

葬儀や線香についての関連記事

葬儀たつの
葬儀という早めの準備
現在の葬儀スタイルの変化
葬儀場の増加について
葬儀場を選ぶ必要性

友引の日と葬儀

よく言われているのが、友引の日には葬儀は行わない方がいいという事です。

なぜ友引の日に葬儀を行うのが良くないのかという事についてですが、友を引くという事から好ましくないと考えられる事もあります。そのため、火葬場が友引の日には休みとしている事もあるため、物理的に葬儀を行うのが難しくなる事もあります。

場合によっては、友引の日に葬儀が行われる事もあり、その際には、友人形と呼ばれる物を一緒に棺の中に入れる事もあります。

また、葬儀だけでなく、結婚式も六曜を気にしている人もいますが、現在においては特に気にしないで、自分たちの都合を優先して行いたいと考える人は若い人を中心に増えている様です。

たつの市周辺の葬儀場

故人をお見送りする最後の場所として、葬儀場選びは慎重に行いたいものです。その際、家族や親族を中心に身近な人だけでお別れをする家族葬にするか、故人の仕事関係や友人など広く参列できる一般葬にするかを選択することになります。

たつの市で探す場合、家族葬であればサービスが良く評判も良いところが幾つかありますが、一般葬になると、規模によっては対応できないところも出てきます。

たつの市周辺であれば、自家用車で移動できる方も多いですが、場所によっては駅から離れた郊外になってしまうこともあります。そんな時は、お隣の姫路市の葬儀場を含めて探してみると、希望通りのところが見つかる可能性が高くなります。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.