TOP 葬儀

目次

文化にみる日本の葬儀

日本の葬儀には文化や慣習の違いからさまざまなマナーが存在しています。

例えば、葬式の帰りに参列者が撒く清めの塩があります。日本では平安時代から死というものが強く忌諱され、穢れの対象とされていました。そのため、埋葬の地は生活空間の外側の僻地に置かれるようになりました。

埋葬のことを野辺送りとも呼びますが、この名称はそうした忌諱意識から生まれた言葉なのです。また、葬儀場への経路を行きと帰りで別々にするといったマナーもあります。死者の魂が参列者に付いて帰らないようにするための作法です。このように作法には、現世で暮らす我々と死後の世界とを線引きする考えのものが多くあるのです。

葬儀をたつの、姫路、相生でするなら『かなで』

https://www.cp-kanade.jp/

近しい人だけで行う葬儀

できるだけたくさんの人を葬儀に呼ぶのはいいですが、遠い関係にある人であれば、気を遣う事もあります。ただでさえ葬儀の際には、辛い気持ちになりますので、更に人に気を遣う心の余裕までないという事もある様です。

また、たくさんの人を葬儀に呼ぶと規模が大きくなりますので、その分だけお金もかかる事になります。これからの事を考慮すると、近年では近しい人だけで葬儀を済ませる事が多くなっています。

家族や近い親戚だけで葬儀を行う場合には、負担を減らせる事もあるでしょう。冠婚葬祭については、以前から変化していない部分もありますが、時代に応じて柔軟に対応するために、変化している部分もあります。

子供も参加する葬儀

時として子供が葬儀に参加する事もあります。

大人が葬儀に参加する場合には、ブラックフォーマルが基本となりますが、子供の場合には学校の制服を着用して葬儀に参加する事もできます。その様な場合には、葬儀のためにブラックフォーマルを準備する必要はありません。

また、小さい子供が葬儀に参加する場合には、途中で泣き出したりする事もありますので、中座するという事もあるようです。また子供は少し遠い関係にあるという場合であれば、親のどちらかが面倒をみて、もう一人の親だけが参加するという方法などもあります。

ある程度の年齢になれば、普通に参加できる様になります。相談して決定する様にしましょう。

葬儀や線香についての関連記事

葬儀という早めの準備
現在の葬儀スタイルの変化
葬儀場の増加について
シンプルな葬儀や生前相談を受け付ける葬儀場
葬儀場を選ぶ必要性

どんな線香が葬式で使用されるか

自宅や葬式において、使われている線香ですが、使われる状況が異なると、自宅や葬式などに合った線香が選ばれる事もあります。

ここで、葬式においてはどの様な線香が好まれるのか考えてみたいと思います。葬式は専用の葬儀場を利用する事が多く、自宅は使用しない事もあります。

また、故人は線香を頼りにあの世へと旅立つと考えられてる事から、煙が出るタイプの物が使用される事もあります。そして、葬式の際には、煙が出るタイプの物が選ばれる事もあります。

その一方で、自宅で使用される際には、住宅の事情を考慮して、香りや煙が少ない線香をあえて選択する事もありますので、状況に応じて判断する事が大切です。

昔と現在の葬儀場の探し方の違い

以前までは、葬儀社に勧められるまま祭壇や葬儀場を手配して、お葬式をする方々が多かったです。その場合、葬儀にかかる費用がいつの間にか膨れ上がっていたというケースもあり、お葬式はお金がかかるというイメージがあるかもしれません。

しかし、近年では、情報をインターネットから手軽に収集できるようになったので、最適な葬儀内容とかかる費用を把握することも可能です。一般的な価格から、小規模でリーズナブルな価格で手軽に利用できるプランもあり、利用する方に合わせて選べるようになっています。

納得のいくお葬式をするために、葬儀にかかる内訳について知っておくのも良い方法です。

葬儀場に対して求めること

葬儀場に求める立地条件は、できる限り交通の便が良いこと、国道などメインの道路沿いにあってわかりやすい場所にあることなどです。また、大きな駐車場が完備されているも重要です。

ほかにも、宿泊施設の完備や、オプションで食事や夜食に至るまでサービスをしてくれることなど、きめ細かいサービスが効いている方が使い勝手が良いです。

故人との最後のお別れの時をゆっくりと過ごすこともできるでしょう。

また、葬儀までの段取りをしっかりと相談できる環境になっていることで、わからないことだらけの葬儀について、安心して利用ができます。

安らかな眠りをあたえてくれる葬儀場

最近事故や災害がものすごく起きていて自分や周りの人たちの人生の終わり方を考える必要性が出てくる機会が多くなってきています。自分や周りの人たちもどんな状況で人生の終わりがいつ来るのか、わからない世の中になってきています。

人生の終わりを迎えるための葬儀場選びはとても大事で、心から見送れる場所が必要です。終末にかかる費用も頭の隅に置いておかなければなりません。

大切な人を見送るため、自分の終活のため適切な葬儀場選びが大切です。費用も安く済ませるのか、すごくお金をかけるのか考える必要があります。自分自身と愛する人、友人や仲間のために真剣に考える事が必要です。

葬儀場での作法について

葬儀場でのマナーとしてまず騒がない(回りの方の迷惑です)、走らない(ぶつかって怪我をしては大変です)、喪服で行く(準備の時間がない等でも、なるべく黒っぽい服装で行きましょう)、お供え物は、果物のセットや夏なら素麺、宗派によりお餅をする所もあるでしょう。

喪主に尋ねるか親族で話し合って決めるのが1番です。お供えが他の人と被らないように気をつけましょう。そして香典の表書きは宗教がわからなければ「御霊前」が無難です。

金額は事前に他の参列者と相談しておくと良いでしょう。供花は持参する場合、バラなどトゲのある物や血を連想する赤い花は好ましくありません。

やむを得ない場合でも、服装にも赤いものは禁物です。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.