TOP 葬儀場 後悔しない葬儀場の選び方

後悔しない葬儀場の選び方

突然の出来事に考える間もなく、喪主となりお葬式をすることになった経験がある方々も多いです。そのような状況で行うと、葬儀社の言いなりになって高い費用になってしまったケースもあります。

家族で冠婚葬祭互助会の加入者がいないか確認し、契約していれば、そちらの葬儀社に相談したり依頼する方法もあります。その場合考えている葬儀場の規模と予算を伝えて、アドバイスしてもらうことも可能です。

葬儀場の選び方は、利用する家族の方々それぞれですが、一番大事なのはお葬式が終わった後に納得のいく葬儀だったと後悔しないように選ぶことが大切です。

自宅で行う事もできる葬儀

今では専用の会場で葬儀を行う事が増えていますが、自宅で葬儀を行うという事もあります。

専用の会場で葬儀を行うと、部屋を片付けたりする必要がないという点において便利です。人を家に呼ぶので、それなりのスペースが必要となる事もあります。しかし、故人の事を考えると、最後に家に連れて帰りたいと考える人もおり、自宅で葬儀が行われる事もあります。

地域によっては、自宅で葬儀が行われる事が多い場合もあれば、専用の会場を利用する事が多い場合もある様です。自分達の強い希望などがあれば、それを反映する事もできる様です。これは家族とよく話し合った上でどうするのかという結論を出すといいでしょう。

葬儀場の関連記事

葬儀場たつの
葬儀場の規模と葬儀にかかる費用
葬儀場のオプションの多様性
葬儀場でのマナーについて
葬儀場のオプションの種類

笑顔の葬儀場をさがそう

故人と最後のお別れをできるのは、葬儀場しかないのです。もちろん最後の姿を見たり触れたりする事もです。ただし、涙を流すだけの場では無いのです。哀しい別れもあるけれど、故人のおかげで親戚や友人に久々の再会の場を設けてくれるのです。故人からの最期のプレゼントです。

たつの市や姫路市で笑顔の葬儀場を探しましょう。自分がどこで最期のプレゼントをどんな形で渡したいかを事前に確認してもいいです。素敵な最期の姿をみていただきましょう。きっと皆さんは、帰り道に笑顔で送り出して、故人の思い出話にたくさんはなをさかすでしょう。

清める目的で使用される葬式の線香

何と言っても葬式においては線香がないと成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

葬式の線香は、何のために使われるのかといえば、清める目的で使用される事もあります。線香の香りがあると、心も体も清められる様な気持ちになる人も多いと思いますので、葬式の際には使用されています。

葬式では事前に線香で自分を清めた上で、仏様と向かい合う事ができます。

葬式では線香が使われるのが当たり前となっているからという事だけではなくて、その背景について詳しい事を知る事によって、仏様と向き合い、また故人を思う事ができるでしょう。他にも式の中で行われる事は、意味があって行われるものもあります。

初七日法要と同時に行う葬儀

以前は葬儀とは別の日に初七日法要が行われる事も多かった様ですが、最近では初七日法要が葬儀の後すぐに行われる事も多くなりました。

葬儀と同時に初七日法要を行う事によって、後日行う必要はありません。また、親戚などが集まっていますので、来てくれる人にとっても便利といえるでしょう。

葬儀については、全国共通している部分もありますが、地域特有の風習があるという場合もありますので、周囲に合わせて行われる事もある様です。基本的な葬儀や法事の流れについては、一般的に行われている通りに行う事もできますし、事情などがあれば、自分達の都合に合わせて対応するという事も場合によりあるでしょう。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.