TOP 葬儀 葬儀場を選ぶ必要性について

葬儀場を選ぶ必要性について

葬儀場は、故人の生前の状態に近い寝姿が見られる最期の場所です。葬儀の後は多くの場合火葬となり、以降故人の肉体は失われます。

そして、遺族が肉眼で故人を見ることができなくなるからです。また、葬儀場は親族や知人など、皆で別れを惜しむことができる最期の場所です。

葬儀の後にも法事など、遺族が集まる機会がありますが、一般的に葬儀の時ほど多くの人は集まらないからです。

このように、故人にとってとても大切な場所なので、亡くなってから葬儀までは忙しく時間はありません。よって葬儀を行う場所の選び方は、慎重にすべきです。

葬儀や線香についての関連記事

葬儀たつの
葬儀という早めの準備
現在の葬儀スタイルの変化
葬儀場の増加について
シンプルな葬儀や生前相談を受け付ける葬儀場

大切な人との最後の一時を葬儀場で

人生で最後になる大切な人の見送りだからどこでも良いわけと思っては駄目です。ひとつひとつ選び抜かれた物が欲しいものです。

大切な人の思い出を生かしつつこだわりが見えるような葬儀ならなお良いです。選び方は故人様との思い出を振り返えりながらその気持ちに寄り添ってくれるスタッフと共に葬儀を執り行えることが出来る、洗練された葬儀場が良いと言えます。

お別れが悲しみだけでなく良い葬儀だったと思って頂けるような雰囲気が出来ていれば残された家族、友人、親族達が悲しみだけが残ることないはずです。

それが出来る所を選びたいものです。

安価でも安心な葬儀場の選び方

人生の最期には誰でも訪れる場所の一つに葬儀場があります。最近では一般葬だけではなく事前葬や家族葬、またそれぞれの事情や都合に合わせて色々なオプションが選択できるようになってきています。

TV等で紹介されて有名になった小さなお葬式というのも一つの選択肢だと言えます。古来よりお葬式といえば大きな祭壇で、多くの献花を飾って、来場者の方々から香典をもらうのが主流でしたが、現在はかなり変わりつつあります。

小さなお葬式に代表されるように葬儀自体に豪華さを求めず、むしろ故人を悼む上でも控えめな式を選択することで費用も抑えることが出来るため、一石二鳥の方法でお薦め出来ます。

葬儀場について考える事

喪主として葬儀場を利用するにあたり初めて経験する方が多いと思うので、注意しなければいけない点です。

まず、何をどう決めていけば良いかもわからずあたふたする事が多く、亡くなった悲しみにふける間も無く、次から次へと決めなければならない事が多いと考えられます。

親族や友人で必ず経験者がいる場合があるので、全体的なスケジュールについてはサポートしてもらうのが良いし、どこまでが見積りに入っているのか、特にオプションについては金額面も含めてチェックが必要ですし、せっかく費用を押さえようと家族葬にしたのに予算オーバーなんて事もある為、急な事であたふたする前に一度冷静時に考えてみましょう。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.