TOP 葬儀場 葬儀場のオプションの種類

葬儀場のオプションの種類

葬儀場には、実際に行って手続きをしてみないとわからないオプションが沢山あります。その種類の多さに驚かされることでしょう。

まず、霊柩車や柩のグレードをアップすることができます。霊柩車は、リムジン型や外車、国産車など、選ぶ車種によって追加料金が発生します。

故人が生前特別車に対するこだわりがあったならば、最後にそういった計らいの心でもてなすのも良いでしょう。葬儀場の前に飾られる表飾りにも種類があります。

その値段の幅は相当なものです。故人を偲ぶという意味でも、当人のことをよく考えたオプションを追加したいものです。

葬儀場の関連記事

葬儀場たつの
葬儀場の規模と葬儀にかかる費用
葬儀場のオプションの多様性
後悔しない葬儀場の選び方
葬儀場でのマナーについて

葬儀場は心に残る旅立ちのお手伝いをさせていただく場です

お葬式は故人を偲ぶと共に、故人の新たな旅立ちを見送るものです。葬儀場・葬儀担当者はそのお手伝いができることに誇りを持つべきです。

故人のことを思いやり、家族への心がけを大切にすることで学ぶことがたくさん出てくることでしょう。幼いうちに亡くなられる方、寿命を全うして大往生な人生を送られる方など、葬儀の形にはそれぞれの生活背景が見えてくるものが多いです。

葬儀場に全てを任せきりで何も関わろうとしない家族もいるでしょう。葬儀スタッフと共に手伝いを積極的にしてくださる家庭もあるでしょう。

オプションで故人の遺影を加工してくれる技術はもっと高度化してほしいですね。

葬儀場に飾る供花について

美しい花があることで悲しい葬儀も心が慰められ、最後のお別れの時間も静かに悼むことができます。葬儀場に飾られる供花は、基本的には生花ですが、葬儀費用を抑えたり処分の手間を軽減するために造花を用いるケースも増えているようです。

地域によっては花環の中に缶詰を入れているところもあります。相談次第では菊や百合など一般的に供花として用いられる花ではなく、故人の好きだった花を式場いっぱいに飾って見送ってあげたいという要望にも応えてもらえます。

参列者が贈る場合には遺族の意向や周りとの兼ね合い、式場の問題などがありますから、確認を取ってから発注するのが良いでしょう。

葬儀場の選び方として注意するポイント

葬式には、身内のみで執り行う家族葬や、生前仲の良かった友人などにも参列してもらう一般葬など、いくつかの種類があります。

このため、葬儀場によってプランやパッケージなどが用意されており、選択肢も豊富といえるでしょう。

しかし、一見料金設定が安いように思えても、通夜や葬儀で振る舞う料理代などがプランの中に含まれていなかったりというトラブルもあります。

葬儀場の選び方としては、遺族の要望をしっかりと聞いて、それにぴったりのプランなどを提案してくれるところを選びましょう。料金に関しても、単に安さだけをアピールするところではなく、説明をしてくれる方が大切です。

ページの先頭へ戻る

copyright©終活のための葬儀場選び.All Rights Reserved.